楽に継続するコツ

未分類

 「継続は力なり」てよく言いますよね。勉強でもスポーツでもダイエットでも継続することってとても重要であることは誰でもわかっていると思います。

でも続けるってとても大変です…。

他にやりたいことあるし、時間足りないし、飽きるし…。

今回は自他ともに認める飽き性・めんどくさがりな筆者がどうやって「継続する」という行為を続けているかご紹介します。

毎日続けるコツ① 1日のノルマをすごく減らす

 続けるコツで一番大事なのが一日のノルマを減らすことです。

 理由はハードルが高すぎるとそれだけでやる気がでなくてやめたくなってしまうからです。

 続かない原因の一つに「時間がかかる」というのがあります。

 1日2時間は勉強しようという目標などなど。

 でも、2時間も勉強てしんどくないですか?やり方にもよりますが、私はしんどいです。

 この目標たてたことあるのですが、2日で続かなくなりました。

 ならばどうすればいいか、ノルマを減らせばいいのです。

 一日2時間の目標で挫折した後、私は一日一分だけ頑張ろうというとてもとても低い目標をたてていました。

 学校行く前、休憩時間など1分だけなら捻出できるなと。

 ノルマを1分とし、調子がよかったら延長する形で英単語の勉強をしていました。

毎日続けるコツ② 記録をつける

 毎日継続するコツの二つ目は記録をつけることです。

 理由は二つあります。

記録をつける理由① 自分を追い込むため

 一つ目は記録に残さなきゃと自分を追い込むことができるようになるからです。

 今日も記録つけれるように頑張らなきゃとやる気をだせるようになります。

 記録に残す方法はスケジュール帳や日記にシールやスタンプを貼ると見た目もカラフルになって楽しくなると思います。

 また、継続する練習に特化した無料アプリがあります。

 それが継続する技術というアプリです。

 このアプリでは継続する目標を一つだけ決めて30日間続けるというアプリです。

 続けたいノルマを達成できたら円をタップするだけでできるシンプルなデザインになっています。

 円をタップするとピクトグラムが応援メッセージをくれるので励みになります。

 また、30日の間に2日できない日があると0日からリセットになるのでいい緊張感を持つことができます。

 できていないと通知をくれるので(通知onにする必要あり)忘れる心配もありません。

 「無駄機能」(公式の名称)に課金することもできますが、機能は全部無料で使えます。

 使ってみての私の感想は、「シンプルでめちゃめちゃ使いやすい」です。

 記録をつけること自体がめんどくさいと思っていた私には神アプリでした。

 私は忘れることも多いので、通知になんども助けられています。

 気になったら無料ですし、とりあえずダウンロードしてみてください。

継続する技術
継続する技術
開発元:Daisuke Toda
無料
posted withアプリーチ

記録をつける理由② 振り返るため

 二つ目は後から自分の頑張りを振り返ることができるようになるからです。

 「あのころは忙しい時期だったけど頑張れたな」とか「もう少し時間のバランスを見直そう」などなど自分を褒めたり、反省したりできるようになるからです。

 記録をつけるにはいかに記録しやすいかが重要になってきます。

 記録を細かくつけすぎるとめんどくさくなってこれまた続かなくなります。

 ノートの記録などアナログな方法で記録する場合はやった時間を項目別に記録するまでにとどめましょう。

 個人的には記録アプリがおススメです。

 無料のもので優秀なものが多くあるので、使いやすいものを一つダウンロードしてみるとモチベーションがあがります。

 私がいくつか使った中で特にオススメする無料アプリを勉強を時間記録するオススメ無料アプリで紹介しています。

 勉強時間を記録する人向けの記事になっていますが、項目の名前を編集することでダイエットなどほかの用途で記録することもできます。

 私はブログを書いた時間を記録するために「学習記録帳」利用しています。

詳しくは勉強を時間記録するオススメ無料アプリをご覧になってみてください。

 

毎日続けるコツ③ 自分を褒めまくる

 1日のやるべきノルマを達成したら自分を褒めましょう

 理由は小さな成功体験を積むことができ、「自分やればできるじゃん」と脳が覚えてくれるからです。

「ノルマをかなり減らしたから達成することは当たり前じゃん」と思うかもしれません。

 しかし、どんなに少ないノルマでも自分が頑張ったことに変わりありません。

「今日の私頑張った」と褒めてください。

 ノルマ以上に頑張ることができたら「プラスαできた!自分すごい!」ともっともっと褒めてください。

 ご褒美があってもいいと思います。

 「自分の褒め方が分からない…。」

 「ちょっと恥ずかしい…。」

 ときは別記事の褒めるコツを参考にしてみてください。

毎日続けるコツのまとめ

  • 1日にやるノルマを減らす
  • 記録をつける
  • できたら褒める

の3点を続けるコツとしてお伝えしました。

続けるって誰でもできますが、とても難しい行為だと私は思います。

なので、1週間、1か月など少しでも続いたら自分を褒めてくださいね。

本記事を読み終わったらさっそく何か行動してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました